上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は梅を購入するタイミングを逃し、気づいたらどこも売り切れでした。
諦めてたのに偶然一袋だけ置いている店を発見!
これを逃しては!と迷わず購入。その晩のうちに梅干しを仕込みました。

さて、作り方のおさらいです。

160630 (27) (225x300)   160630 (28) (225x300) 

まず熟した南高梅1kgを50℃のお湯でよく洗います。

160630 (30) (300x300) 

よく水気をとりヘタをヘタを取り除きます。
(気にならない人はそのままでもよいです)

160630 (33) (300x300) 

ジップ袋に入れていきます。

160630 (34) (300x300) 

塩100g

160630 (35) (300x300) 

砂糖100g
(我が家は昨年にならって素焚糖を使用)を加え、

160630 (39) (300x300) 

よく混ぜて平置きします。このまま常温で放置します。

160701 (19) (225x300)   160702 (1) (225x300) 

左が1日目(翌日)。右が2日目(翌々日)。
少しずつ梅からエキスが出てきます。
気づいたときに表裏をひっくり返しながら様子を見ます。

160704 (4) (225x300) 

3、4日後にはエキスでいっぱいになるので
梅をエキスごと煮沸したピンに移し、土用まで冷暗所で保管します。
スポンサーサイト
2015.09.01 梅干し完成
150901 (3) (225x300)

今年、初めての方法で仕込んだ梅干しが出来上がりました!
なかなかの出来に満足。
いいレシピなのでオススメですよ。

梅干し仕込み 
http://mittenbread.blog52.fc2.com/blog-entry-1354.html
150625 (17) (225x300)   150627 (1) (225x300)

今年は久々に梅干しに挑戦することにしました。
良いレシピを聞いたのでよかったら参考にしてください。

材料、梅(大玉)1㎏、塩100g、砂糖100g。
(砂糖は素焚糖を使用)。

50度のお湯で梅をよく洗いヘソをとった後、水気をとる。
密閉袋に塩と砂糖を混ぜたものを梅と合わせ、そのまま室温で放置。
2~3日したら梅からエキスが出てくるので
煮沸したビンに移し、土用まで冷暗所で休ませる。(↓写真の状態)

150627 (4) (225x300)

土用の晴れた日にフタを開け、ビンごと日光にあてる。
それを一週間ほど続け、その後二週間ほど休ませたら出来上がり!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。